休日が待ち遠しくなる はつかいちまるごと探検ガイド 廿日市まるごと探検ガイド
カルビー株式会社 広島工場 やめられないとまらない!かっぱえびせんの工場見学に行こう!!

川原圭斎窯(かわはらけいさいがま) 培われた技術に巧まざる意図が映える変化に富んだ釉薬の宮島御砂焼

川原厳栄堂(かわはらげんえいどう) 旅のお守りから始まった宮島焼。自由な発想で描き、オリジナルを作る

島田水産 牡蠣の水揚げ体験 広島県内初!漁師と一緒にかきの水揚げ体験!

チチヤス広島工場 1日80万個のヨーグルトをつくる工場を見学しよう!

チチヤス広島工場 1日80万個のヨーグルトをつくる工場を見学しよう!

中国醸造 酒造りに徹した歴史。近代的な施設で、伝統手法に触れる。

廿日市市木材利用センター けん玉発祥の地「はつかいち」。ここは西日本唯一のけん玉製作所でもあり…。

宮島水族館〜みやじマリン 瀬戸内海の魅力を余すことなく紹介。「いやし」と「ふれあい」を体験しよう。

伝統産業会館みやじまん工房 子どもから大人まで手軽に伝統文化を体験

宮島遊覧観光 船から望む、厳島の優美な風景と知られざる魅力

やまだ屋工場見学 もみじ饅頭をつくる工場を見学しよう!

山根対厳堂(やまねたいげんどう) 厳島神社の本殿下の御砂(おすな)で作る


 
ちゅーピーパーク 記事01:イメージ画像

ちゅーピーパーク

4階建てのビルに相当 新聞専用の大型輪転機を体感
ちゅーピーパーク 記事03:メイン記事画像
 新聞印刷専用の「輪転機」は、最高速度で1時間に18万部、1秒間に50部の高速印刷が可能。この高さ15m(4階建てビルに相当)、長さ25mの大型施設を、1、2階からガラス越しに見学できる。1階では重さ1.4鼎發△覺き取り紙の搬送ロボットが動く様子も。日時によっては、「ちゅーピー子ども新聞」などの印刷の様子を体感できる。
 見学ゾーンには、映像装置やパネル展示、資料が用意され、印刷の仕組みのほか、取材から配達までの流れが分かるようになっている。新聞配達ゲーム、クイズやゲームなどが楽しめる「タッチパネル」、自分の写真入り見学記念のオリジナル新聞「マイ新聞」(1部100円)は、遊びながら新聞に親しむきっかけになっている。
体験所要時間60分
所在地 廿日市市大野387-3
TEL 0829-50-2866
公式サイト 公式サイトはコチラ
開室時間 10:00〜17:00
休館日 月曜(祝日・振り替え休日の場合は翌日)
利用方法 ガイド付き団体見学(10人以上)は電話予約が必要 ※曜日・時間帯によっては印刷していないこともあります
駐車場 600台(有料)
アクセス JR前空駅から徒歩約10分、大野ICから2.5km
楽しい体験がいっぱい 夏はちゅーピープールが人気
ちゅーピーパーク 記事09:記事画像1
 工場棟を一歩出ると、コミュニティーゾーン。丸い屋根が印象的な多目的交流施設「メディアプラザ」との間には、芝生の「ふれあい広場」が広がり、ソーラー噴水などで環境保全や自然エネルギーの大切さが学べる。
 夏は人気スポット「ちゅーピープール」がオープン。流れるプールや波のプールのほか、大人気のウオータースライダー、大量の水が降ってくる「びっくりバケツ」など、大人も子どもも楽しめる水のアミューズメントがいっぱい。
ちゅーピープールの詳細はコチラ
 

RISTORANTE Thomas(トーマス)

本格イタリアンを気軽に楽しめるこだわり店

ちゅーピーパーク 近隣スポット01:画像
「イタリア人の作るイタリア料理を目指すのではなく、大野生まれの日本人にしか作れない地産料理で世界に誇れるお店にしていきたいです。」と語るオーナー。大人も子供も気軽に楽しめるイタリアンが人気。事前の予約をオススメ。
詳しい情報はコチラ

 

チチヤス(株)

ヨーグルトをつくる工場を見学しよう

ちゅーピーパーク 近隣スポット02:画像
大正4年に日本で初めてヨーグルトを発売した会社。昭和41年には他社に先駆けて瓶詰めからプラスチック容器で製造認可を取得。その後も改良を重ね、発酵から搬送まで種々の課題をクリアした優れものを自社生産。日産平均70万個のヨーグルト工場を見学しよう!
詳しい情報はコチラ

 

旅館かんざき

宮島を見渡す対岸 宮浜温泉の老舗

ちゅーピーパーク 近隣スポット03:画像
日本三景--安芸の宮島の対岸、宮浜温泉の中にある小さな老舗旅館。建物は日本庭園を囲む造りになっており、庭には四季折々の花で彩られています。食事は、地元の季節の旬をそれぞれのお部屋で楽しめます。広島名産のカキやアナゴなど新鮮な魚介類が自慢の温泉宿です。
詳しい情報はコチラ