休日が待ち遠しくなる はつかいちまるごと探検ガイド 廿日市まるごと探検ガイド
万古渓養魚センター 初心者用の釣り堀から上級者の渓流釣りまで

極楽寺 標高693m極楽寺山山頂!瀬戸内海の絶景を見下ろす山寺

やまだ屋工場見学 もみじ饅頭をつくる工場を見学しよう!

妹背の滝 豪と柔の異なる味を出す2本の滝を眺めながらハイキング

森林公園経小屋山 東西南北に広がる壮大な景色は県内屈指

おおの自然観察の森 四季折々の植物や昆虫が楽しめる神秘的な湖畔

チチヤス広島工場 1日80万個のヨーグルトをつくる工場を見学しよう!

チチヤス広島工場 1日80万個のヨーグルトをつくる工場を見学しよう!

小瀬川栗園 一面を埋め尽くす!?栗を拾いに行こう!

伝統産業会館みやじまん工房 子どもから大人まで手軽に伝統文化を体験


 
最新イベント情報
もうすぐ行われる主な講座や催し物をご紹介します
2017年5月の主な講座・催し物

粟島神社例祭
日時:5月3日(祝) 11:00〜
場所:粟島神社
(廿日市市宮島町)
対象:どなたでも
お問合せ先:嚴島神社 TEL(0829)44-2020
女性の守護神で、敬虔な参拝者がたえません。
 
洞雲寺の花まつり
日時:5月8日 10:00〜
場所:洞雲寺
(廿日市市佐方)
対象:どなたでも
お問合せ先:洞雲寺 TEL(0829)31-2461
お釈迦様の誕生日(旧暦4月8日)を祝う縁日。旧暦4月上旬頃、農事を始める重要な時期に、田の神様を迎えるために行われた花祭りの民俗行事に由来すると考えられている。本堂前に生花で飾られた花御堂を作り、水盤上に誕生仏を乗せ、参拝者が頭上から竹板杓で甘茶を注いでお祝いする。また、この甘茶を飲むと邪気を祓うといわれている。花御堂や誕生仏は江戸末期から洞雲寺に伝わる伝統あるもの。花祭りにちなみ、門前に花や植木の市が開かれるのも特色の一つ。寺宝も公開されるほか、露店が参道周辺に軒を連ね、縁日は夜9時頃まで賑わう。詳しくはHPで。
広島県HP
 
推古天皇祭遥拝式
日時:5月18日 9:00頃〜
場所:嚴島神社
(廿日市市宮島町)
対象:どなたでも
お問合せ先:嚴島神社 TEL(0829)44-2020

鎮座にちなむ祭典で、舞楽が奉納されます。
 
ぐるっと宮島再発見-2
日時:5月21日(日) 10:00〜
場所:潮風薫る宮島を船で周遊します。
事前予約が必要です。
対象:どなたでも
お問合せ先:(一社)宮島観光協会
 TEL(0829)44-2011
潮薫る安芸の宮島を船で一周します。予約制。
 大人3,000円、小人2,000円
詳しくはHPで。
宮島観光協会HP
 
はつかいち木工まつり
日時:5月28日(日) 10:00〜15:00
場所:廿日市市木材利用センター
(廿日市市木材港)
対象:どなたでも
お問合せ先:廿日市市木材利用センター
TEL(0829)32-2393
子どもたちに大人気の木工キットの組立など木に親しむ体験コーナーや、木工作品の展示、けん玉製見学、木の競り市など、子どもから大人まで多くの人が楽しめるよう、色々な催しを行います。
 
御陵衣祭
日時:5月30日(火)14時〜
場所:地御前神社
お問合せ先:(一社)はつかいち観光協会
TEL:(0829)31-5656
観光協会のページ
 旧暦で端午の節句、廿日市市地御前五丁目の地御前神社で、毎年恒例の「御陵衣祭」が執り行われます。地元の初節句を迎えた子どもがいる家族や、「馬とばし」の名で親しまれる流鏑馬(やぶさめ)などの伝統行事が神社の付近一帯で行われます。 拝殿では、神事や蘭陵王による雅楽舞の奉納が粛々と進められ、地元に古くから伝わる営みに触れる貴重なイベントです。「馬とばし」は、鞍上から大きな弓を引き的を無事に射止めるごとに観客から歓声と拍手が湧き起こります。
詳しくはHPで。
http://www.hatsu-navi.jp/
 
宿泊情報